Home > 小説とは? > 小説の分類 純文学、大衆文学

小説の分類 純文学、大衆文学

19世紀以降、小説は大衆小説的傾向のものとに

分類されることが一般的となりました。

それ以前の小説は、セルバンテスやラブレーがあるように

芸術性と通俗性を区分することなくひとつの目標として追求することが

多かったが、小説の読者がひろがり、技法的な発達を見せるにしたがって、

交通整理が行われるようになってきています。

 

世界的なところでは、各国の事情によって多少の差はあるが、

現代文学では両者の傾向を分けて考えるのが一般的なようです。

 

日本の場合は純文学、大衆文学と呼ばれます。

区分が具体的になってくるのは明治末年ごろの文壇からで、

大正期のメディアの発達によってこれが具体化・固定化し、

芥川賞・直木賞の制定によってひとつの度としてとらえらえるようになりました。

 

以前は、純文学の主流は私小説、大衆文学では時代小説であり、

それを書く作家が固定していたのも特徴でした。

ただ、当時から一人の作家について通俗的作品、芸術的作品と分類されることもあり、

単純ではありません。

 

現在では純文学、大衆文学の境界はあいまいで、双方の作品を発表する作家、

一方から他方へと移行する作家、自作について特段の区分を求めない作家が

多くなってきているのが現状です。

 

実態としては純文学・大衆文学の区別は掲載誌によって行うことが一般的です。

 

文学賞では、芥川賞は純文学、直木賞は大衆文学の賞であり、

受賞作家・作品をみればある程度捉えられていた。

しかし、芥川賞作家が娯楽作品を執筆することもあり(たとえば奥泉光、宇能鴻一郎)、

作家名で判断することはできなくなっていますし、

純文学作家の三島由紀夫も大衆文学を書いています。

 

逆に大衆文学の作家が純文学的作品を書く例もある(筒井康隆など)。

また、最近では芥川賞=純文学、直木賞=大衆文学と単純に言えない例も出てきました。

 

海外でもチャンドラーやグリーンのように通俗性を保ちつつ高度の芸術性を

発揮する小説作品が少なくありません。

内容・分野によれば、通俗恋愛小説、冒険小説、推理小説、時代小説、

通俗歴史小説、サイエンス・フィクション、ファンタジー、ホラー小説、

武侠小説などは大衆文学とすることが一般的ですが、

これらの性格を持ちながら純文学とされる作品は戦前から少なくないです。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://novelnovel.crowd55.com/archives/33/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
小説の分類 純文学、大衆文学 from 投稿小説

Home > 小説とは? > 小説の分類 純文学、大衆文学

記事検索
Feeds
Meta

Return to page top